腸内細菌増やす 食品

腸内細菌増やす食品とは

発酵と言う言葉をご存知でしょうか。お酒や酢、パン、納豆、ヨーグルトなど、様々な食品が発酵と言う形で作られています。発酵食品、とカテゴライズされますが、そのすべては菌による生命活動の産物なのです。

 

そもそも、人類が発生するよりもはるかに昔から、菌は様々な種類に分化して活動していました。物質を分解、消化、排出する、人間と同じ活動を、菌もしています。命そのものの活動です。

 

人間は、その菌の活動が人間に有益であれば「発酵」、害をもたらせば「腐敗」と呼びました。つまり、菌によってあらかじめ分解、消化された食品なので、人間の消化の負担を減らし、排出物によるよい効果をも得られる食品といえます。

 

人体もまた、様々な菌の活動によって支えられています。その中のひとつとして、腸内細菌が上げられます。腸内細菌は、人体に有益な菌です。彼らを応援してくれるのもまた、菌であることは良く知られています。

 

乳酸菌が代表格ですが、意外と知られていない事実をご紹介しましょう。乳酸菌は、ヨーグルトだけではありません。古くから伝わっているお漬物にも含まれています。キムチ、糠漬けなどです。

 

腸内細菌を増やす食べ物を考えたとき、ヨーグルトならもうやっている、と言う方にもおすすめします。毎日の食事に、お漬物を少々。腸内細菌を増やす手助けをしてくれます。